子どもができる方法と肥満の関係

子どもができる方法と女性の肥満、太りすぎというのは、何かしらの因果関係があるのでしょうか?

 

不妊症に関する本や妊娠する方法などについて書かれた本などを見ていると、“太りすぎには注意”といった内容の事が書かれていたりします。

 

妊娠のプロセスと、その女性の肥満というのは直接関わってくるのかというと、体重が増えるにしたがって、余計な脂肪というモノも増えてきます。
すると、ホルモンバランスが崩れやすくなるそうです。
さらに、脂肪というのは実はとっても冷たいんだそうです。
ですから、その冷たい脂肪が身体にたくさん付くことで、?血が溜まりやすくなったりするそうです。

 

確かに、ダイエットなどでもついた脂肪を燃焼させるのが大変だって!いいますものね。

 

あるデータでは、体脂肪が30%を超えてくると、生理不順や流産の原因にもなるという報告があるそうです。

 

 

とはいっても、南国などで身体の大きな女性たちが子宝に恵まれているのをみると、太っているからといって、子どもが出来にくくなるなんていう法則は成り立たなさそうですが、どうすれば子どもができるのか?と本気で考えているのであれば、肥満ということも妊娠する術として考えてみるのもいいのかもしれませんね。

 

 

適度な運動などをしたり、暴飲暴食をしないようにするなどして、妊娠しやすいカラダ作りをしていくというのも、赤ちゃんが出来る方法としては見逃せない方法かもしれません。

 

 

 

 

不妊症で悩む女性を救済
元気な赤ちゃんを授かるための“産む力”をアップ

受精し着床する“妊娠力”と子宮で順調に育つための
“妊娠維持力”をアップする方法です!