不妊治療 方法について

 

 

不妊治療というと、なんだか何をするのか分からなくて怖いというイメージがないでしょうか?。

 

 

妊娠する方法というページでも紹介しましたが、不妊治療も
いろいろな段階があって、タイミング療法の段階で妊娠に繋がることもあれば、その次のステップ、人工授精や対外受精、顕微受精などの高度な医療方法に進む場合もあります。

 

 

なかなか子供が出来ないと不妊症ではないかと思って不安になるかもしれませんが、不妊症といっても、実はいろいろ原因があるため、素人では不妊原因を特定することは困難ですから、やはり子供がなかなか出来ない場合は、早めに婦人科、できれば不妊治療専門の病院に掛かるというのが懸命だと思います。

 

 

 

男性不妊も増えています

 

不妊治療は、なにも女性だけの問題ではありません。
近頃のデータによると、不妊カップルの原因は、男女半々という調査結果もあったりします。

 

 

ですから、不妊治療にあたっては、女性が1人で抱えこむのではなくて、男性と一緒になって考え、そして治療方針を考えることが必要になってきます。

 

 

具体的な不妊治療の方法に関しては、別のページで紹介をしていきますが、まずは、しっかりと月経周期をチェックするが、基本となります。

 

病院にいっても、月経周期のことや基礎体温はつけているかといったことを聞かれるはずです。

 

 

そこが分からなければ、対応のしようもないですからね。
是非、今からでも基礎体温をつけて、そのデータを持って病院に行きましょう。

 

 

 

病院にいくと、筋腫がないかなどの検査もします。
これが恥かしくて、病院に行けないという人もいるようですが、不妊の原因がどこにあるかを知ることは重要ですから、恥かしがらずに、思い切って検査を受けましょう。

 

 

また、不妊の診察というのは、その病院のことをしっかりとチェックする場でもありますから、先生の言葉遣い、看護士の言葉遣いや配慮がしっかりとされているかもチェックしましょう。

 

 

病院の質というのは、実際に子供が出来るかどうかという結果に大きく左右してきますからね。

 

 

あまりにも、早急に高度な生殖医療に進もうとしたり、ダラダラと、タイミング療法を続けてみたりということでは、無為に時間ばかりが過ぎていくことになりかねませんからね。

 

 

 

 

不妊症で悩む女性を救済
元気な赤ちゃんを授かるための“産む力”をアップ

受精し着床する“妊娠力”と子宮で順調に育つための
“妊娠維持力”をアップする方法です!