不妊治療が抱える問題・課題

不妊で悩む人にとっては、不妊治療というのは藁おも掴む気持ちで臨む不妊対策の方法ですよね。

 

この不妊治療を受けることができる人は、まだラッキーです。
近頃は、この不妊治療でさえ受けることが出来ず、赤ちゃんを授かることを諦めている方が少なくないんだそうです。コレには、いろいろな社会的な問題もあります。

 

ズームインスーパーという日本テレビ系の朝の情報番組内で、この不妊治療について提言をしていたのですが、この中で、やっぱり問題になっているのが、不妊治療を受けたくても、受けられない人の問題。

 

近頃は、女性の社会進出などもあり、女性の結婚の晩婚化が進んでいて35歳くらいで初婚を迎える方も少なくなりませんよね。
しかし、残念ながら女性の場合、20歳から35歳くらいまでが、もっとも妊娠に適したからだとなっていて、35歳くらいからは、卵巣の機能も大きく低下し始めます。

 

そうなると、早めに不妊の治療を始めなければ!ということになるのですが、不妊治療をするには、それなりにお金がかかります。
普通にタイミング療法でも、1ヶ月に1万円くらいはかかってしまいますし、人工授精などどになると、その費用は莫大なものになってしまいます。

 

 

ある女性の体験談が放送の中で紹介されていましたが、人工授精などの不妊治療を受けるためには、お金がかかるので、そのために仕事をするようになったそうです。
そうすると、今度は不妊治療の時間が取れなくなってしまったそうです。

 

保険もきいて、お金がそれほどかからないタイミング療法の段階でも、もしかすると保険の適用外の治療に進むことを考えると、やはり経済的なことも考え、働きに出ようと思う方もいるでしょう。
すると、不妊治療の時間だけでなく、夫婦の時間さえとれなくなってしまうという悪循環に陥る可能性もあるんですよね。

 

つまり、

 

 


不妊治療にはお金がかかる

お金が必要になるから、仕事に出るようになる

仕事を始めると、夫婦の時間も不妊治療の時間もとれなくなる

時間を作るために、仕事を辞める

仕事を辞めたから、不妊治療の費用が払えなくなる

不妊治療が出来ないから子供ができない


 

 

 

とまぁ、こういう悪循環に陥ってしまうわけですね。

 

番組内では、国もこういったことに目を向けて対策を取ってほしいという内容でしたが、本当に何か対応策を講じてもらいたいものですよね。
実際、不妊治療助成金などの対策もあるにはありますが、もっと誰もが簡単に高度生殖治療などの不妊治療を受けることが出来る対策を考えてもらいたいですよね。

 

少子化対策を考えるのであれば、不妊治療 助成金などをもっと拡充するような仕組みを是非ともお願いしたいものです。

 

 

 

 

 

不妊症で悩む女性を救済
元気な赤ちゃんを授かるための“産む力”をアップ

受精し着床する“妊娠力”と子宮で順調に育つための
“妊娠維持力”をアップする方法です!