クラミジアや性感染症で不妊症となることはありますか?

クラミジアなど性感染症は、最近女性特有の病気として大きな問題となって
います。
クラミジアというのは、性感染症の中でも一般的なもので、あなたもクラミジア
という名前くらいは一度くらいは聞いたことがあるかもしれません。

 

 

クラミジアや淋病などの細菌が、子宮や卵管などに侵入して炎症を起すと、
その部分に障害が残って、不妊の原因になるケースがあるといわれています。

 

特に、卵管の癒着や閉鎖が引き起こされると、卵子や精子が通れなくなるなど
の妊娠するための大きな障害となってしまいます。

 

 

こういう話をすると、クラミジアや淋病など性行為感染症にかかったことがある
人は、妊娠することができない?というふうに考える方がいるかもしれませんが
基本的に治療をしっかりと受けて直っていれば、特に問題はありませんし、
実は、妊娠している方のなかにもクラミジアに感染していた!という方もいる
ので、全てがすべて性感染症が不妊症の原因になるというわけではありま
せん。

 

 

クラミジアなどの治療は保険もききますから、費用的にもそれほど大きくなりま
せんし、治療方法も基本的には抗生物質などお薬で対応し、おおよそ1週間
から2週間で治療できるようです。

 

 

とはいっても、カップルのどちらも完治しないまままた性行為をすると再感染
してしまいますので、カップルでしっかりと治療することが大事です。