妊娠したいから漢方薬で不妊改善という方法

妊娠したい人の中にはいろいろな方法を試してきたけれど、いっこうに妊娠できないという方も多いのではないでしょうか?
妊娠する方法として、不妊専門病院に行き、タイミング療法から始まり、人工授精、体外受精、AIHなどいろいろな不妊治療に耐えてきたけれど、妊娠できない!
そんな人でも漢方療法によって、妊娠したという事例はかなりあるんです。

 

あの、世界のスーパードクターでも紹介された東京・銀座の玄和堂診療所の寺師先生のところには、そういう患者さんがたくさんいらっしゃるそうですよ。
妊娠したい人であれば、そういう話を聞けば藁をも掴む気持ちで玄和堂診療所に駆け込みたくなるでしょうね。

 

 

 

さて、どうして西洋医学で不妊症が治らなかった人たちが漢方を用いることで妊娠することが出来るようになるのでしょう?

 

それは、とっても単純なことで、西洋医学、漢方それぞれに得意な不妊の状況というのがあるわけです。
例えば、西洋医学の場合、妊娠できないその原因を見つけようとします。
そのためにいろいろな検査をしていくわけですが、そこで原因がはっきりすれば、ホルモン剤を投与したり、卵管の詰まりを改善したり、体外受精をしたりという方法がとられ、それなりの結果を出すことができるのですが、原因不明の場合だとそうは行きません。

 

一方、漢方の世界では、不妊症の原因というのを子宮や精巣など生殖器周辺のことだけで判断をしません。体全体から、子どもが出来にくい原因を探っていくわけですね。
例えば、冷え性などがそのいい例かもしれません。
冷え性の場合は、いろいろなことが原因で冷え症になりますよね?
それを冷え性だから!というのではなく、何が冷え性の原因になっているのかをしっかりと確認して、その大元の部分を改善することから、漢方での不妊治療がはじまります。

 

だから、体全体が本来あるべき姿になっていき、結果、子どもが出来易くなるので、妊娠することができた!ということになるわけです。

 

漢方は、その分時間がかかる場合もありますが、今後不妊症の改善、不妊で悩む人たちにとっては無くてはならない存在になっていくかもしれませんね。

 

 

 

 

妊娠したいから漢方薬で不妊改善という方法記事一覧

妊娠したいので、漢方という方法を取り入れたいのであれば知っておきたいのがこの?血(オ血)。漢方では、?血(お血)というのが冷え症と同じように不妊症の大きな原因だと考えられています。?血(おけつ)というのは、簡単に言えば鬱血している血液のことで、東京・銀座の玄和堂診療所の寺師先生の本などを読むと、“古血”とか、“ヘドロが溜まっている”というような書き方をされています。つまり、どろどろの血液ということ...

妊娠したいなら方法として食生活の改善というものに着目するのも必要です。漢方でも、妊娠しやすい体作りということで、漢方薬を飲むだけではなく、食生活の見直しなども指導しています。では、妊娠しやすい身体にするには、どのような食べ物を食べるようにしたらいいのでしょう?よく、不妊症克服者の体験談などを読んでいると、“マカ”がいいとか、葉酸がいいとか、亜鉛、ザクロ、ビタミンなどいろいろな情報がでてきます。では...