漢方的妊娠する方法としての食生活

妊娠したいなら方法として食生活の改善というものに着目するのも必要です。
漢方でも、妊娠しやすい体作りということで、漢方薬を飲むだけではなく、食生活の見直しなども指導しています。

 

では、妊娠しやすい身体にするには、どのような食べ物を食べるようにしたらいいのでしょう?

 

よく、不妊症克服者の体験談などを読んでいると、“マカ”がいいとか、葉酸がいいとか、亜鉛、ザクロ、ビタミンなどいろいろな情報がでてきます。

 

 

では、漢方的にはどのような食べ物が良いとされているのかというと、黒豆や黒ゴマ、ワカメといったものや人参、うずら豆、かぼちゃ、りんご、そして豆腐などは腎機能を高めるためにオススメの食材なんだそうです。

 

基本的には、季節の食べ物をその季節に食べるというのが望ましいようですが、近頃は旬の食材でなくても、ハウス栽培などで年中食べることができるようになっているので、どの食材が旬がいつなのか?分かりにくい場合もありますよね。
そういう時は、八百屋さんなどで聞いたり、野菜ソムリエの方のブログやサイトをチェックすると、けっこうそういう情報がでてきますよ。

 

冬に身体を冷やすような野菜などを摂ってしまうと、やはり冷え性の原因にもなりかねませんし、季節はずれで灰汁のつよい野菜などを食べると、身体にいいとはいえませんからね。

 

そういう意味では、ゴボウやほうれん草、たけのこなどは、アクが強いので、調理方法を工夫したり、食べ過ぎには注意するようにした方がいいといえそうです。

 

また、梨や柿などは水分が多く、腎機能に負担をかけたり、体内の水分バランスが崩れたりする可能性もあるそうなので、バランスよく食べることが重要になってくるようですよ。

 

 

 

 

 

漢方的妊娠する方法としての食生活関連エントリー

漢方から見た、不妊原因 ?血
妊娠したい その方法として漢方というモノがあります。その漢方では?血(オ血)というものを不妊の大きな原因と考えています。