妊娠適齢期を過ぎたら赤ちゃんができにくくなるのは何故?

赤ちゃんが出来やすい妊娠適齢期は、男性も女性も一般的に
30歳前後っていわれています。

 

特に女性は統計的にも35歳くらいから卵巣の機能が老化して
くるなんて言い方をする専門家もいます。

 

では、加齢と不妊の因果関係というのはどういうものがあるので
しょうか?

 

 

実は、35歳くらいになると女性は、卵巣の機能も低下してきて
ホルモンの分泌異常が起こったり、受精機能が低下してしまう
ため、妊娠し辛くなるようです。

 

 

しかし、少し前であればこれらが高齢での妊娠を難しくしている
理由としても説得力があったのですが、最近はこれだけでは
不妊症を説明することができない要因がたくさんあります。

 

というのも、最近は生活習慣も変わってきていて、加齢によって
引き起こされているとされた卵巣機能の低下やホルモンの分泌
異常などは若い頃から起こっているケースもたくさんあります。

 

生理不順などもその一つです。
それが、若い頃から当たり前にあることで、かえって自分の身体が
赤ちゃんができにくい身体ということに気付くのが遅くなってしまう
なんてこともあります。

 

 

酷い生理痛や生理不順などがある場合は、不妊症と定義づけられて
いる正常な夫婦生活がありながらも2年以上妊娠しないという状態に
なる前に早めに検査などをしたり、生殖機能に問題がないかを確認
しておく必要があります。

 

また、生殖機能に問題がないということであれば、体質を変えるような
生活スタイルに習慣を変えるということも早めに始めることが妊娠
できる身体になるためには重要です。