年齢と妊娠の関係- 年齢によって妊娠の確率は変わってくるの?

 

 

年齢と妊娠の関係
 年齢によって妊娠の確率は変わってくるの?

 

あるアーティストの『羊水が腐る』発言は、世の中を騒然とさせましたが、実際にはそんなことがあろうハズはありません。

 

しかし、残念ながら女性は年齢を重ねるごとに、子どもが出来にくなるというデータが出ています。

 

一般論としては、35歳前後ぐらいの頃から、妊娠するチャンスが急激に減少するというようにいわれています。

 

もちろん、35歳を過ぎたから子どもができない、妊娠できないということではありません。

 

ニュースでも取り上げられることがありますが、高齢でも出産をする方もいらっしゃいますからね。

 

しかし、実際には、妊娠・流産と年齢の関係は調査などで明確に報告されているので、本当に子どもが欲しいと思うのであれば、来年よりも今年、来月よりも今月、明日より
も今日の方が、妊娠の確率は高くなるといえます。

 

 

 

不妊症とは?晩婚化の影響とは?

 

女性の社会進出も進み、医学も進歩し、わたし達人間の寿命もずいぶん伸びてきたということも影響してか、晩婚化がずいぶんと進んでいます。

 

その結果、子どもを産もうとする年齢も比例するように高年齢化しつつあります。

 

女性が自分のやりたいことをやり、夢をかなえる、社会で重要な役割を果たす、それはそれで素晴らしいことですが、いざ、子どもを産むということになると話は別です。

 

別に、晩婚がいけないというわけでも、子どもを出産するのが高年齢化することがいけないというわけではありません。

 

そうではなく、子どもが出来ないと感じて不妊の治療を開始する年齢が遅れることが問題なんです。

 

 

不妊症というのは、ちゃんとした定義があって、“避妊をしていないのに2年以上子どもが出来ない状態”のことを言います。

 

年齢と共に、子どもが出来にくくなるという話を先にしましたが、仮に、30歳で結婚し、しばらく仕事を続け35歳くらいで子どもを作ろうという計画を立てているとします。

 

その方が、健康的な身体であれば、一切問題はありません。
しかし、何かトラブルを抱えていたら?

 

すぐに気付けばまだ、35歳。
しかし、2年経ってまだ子どもができない、何故?と思ったときにはすでに37歳。

 

これでは遅すぎます。
晩婚もいいでしょう、計画的な家族設計もいいでしょう。
しかし、子どもが本当に欲しいなら、そういったリスクもしっかりと頭にいれて置くべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

不妊症で悩む女性を救済
元気な赤ちゃんを授かるための“産む力”をアップ

受精し着床する“妊娠力”と子宮で順調に育つための
“妊娠維持力”をアップする方法です!